アラサー、ジャニオタに目覚める

アラサーになってから、Sexy Zoneにはまり始めました。あまりの好きさについでにブログも作っちゃったので物好きなお方はご覧いただけましたら幸いです。

違うにゃあ。

段々と暖かくなってきて春ももうすぐそこまできてるんだなと感傷的になっていたところに大雪が降り除雪に精を出してきましたこんばんは。
北海道あるあるかもですが暖かくなる前に必ずと言っていいほど雪が降ります。そしてすぐ溶けて道路がべちゃべちゃになるのでこの時期洗車すると悲しい事が起こります…



やっと週の真ん中!水曜日になりました。
土曜日が待ち遠しいセクガルさんが多いのでしょうね。いいな、行きたかったなという気持ちを込めてライブDVDが出たら買いにいきたいです。いつか行けるのかな。行けたらいいな…


どこかの記事にも書いたのですが、中島健人が生まれて生きてくれているこの時にたまたま生きててよかったなと思いながら生活しているとどん底でも頑張れるんですよね。今日の大雪で重たい根雪を除雪してる時もイライラしてる時も「あ、同じ時間枠で生きられてるんだ」って思うとありがたくて感謝の気持ちすら出てくるので最近は毎日ありがたいです。
何だか今日いい事なかったななんて時はスペシャルボイスを聞くとどうでもよくなるなんてざらです。


気持ち悪くてもアホでも誰にも迷惑をかける訳でもなく幸せになれるなら生きてく上でこれ以上ないんじゃないかと。



と書いてて相当キモくて嫌になります。
うん、書いてて自分でキモいならやばいな。


そしてスペシャルボイス聞いてて思った事は弱気なケンティーもいい…!という事です。
普段Sっ気たっぷりな事が多いですがちょっと弱気なMっぽいケンティーもいいよ!甘ったれた年下の男の子なのも似合う。
あれね、美絵琉学園(字自信ない)の役柄みたいなのもいいですよね。ちょっと弱気だけどみんなに愛されるドジっ子みたいなポジション。よくある少女漫画の主人公的な役も似合うと思うんだよなー。
というか個人的にそういうケンティーが見たい。濡れた子犬みたいな役。かっこよくないていいからかわいいケンティーが見たい。


かっこいい人の弱々しい性格って萌えませんか?